カリキュラム

物理学類のカリキュラムは、しっかりした基礎を築くことを重視するとともに、現代物理学の幅広い知識が得られるよう配慮されています。
1年次では、広く一 般教養を身につけるとともに、物理学の学習に向けて基礎的な科目を学びます。現代物理学には2つの相補的な視点があります。ひとつは質点の運動を通して自然認識を理解する立場、もうひとつは「場」に基づく自然認識です。そこで、物理学の2つの講義のシリーズ力学、電磁気学で、それぞれの観点からの物理法則を見通しよく学習します。
2年次から量子力学や特殊相対論など、現代物理学の基礎となる主要な科目を学ぶようになります。物理学類では、物理学実験が必修科目として課されます。また、計算機による物理入門や実験物理と計算機の授業では、計算機を使った数値計算による物理や測定制御などを経験します。
3年次では、より高度な物理学実験を行うとともに、量子力学、統計力学、計算物理学など、より進んだ基礎科目を学びます。
4年次では、いよいよ素粒子物理、宇宙物理、原子核物理、物性物理、プラズマ物理についての専門的な授業が始まります。さらに、卒業研究が必修科目となっています。自分の専門を決めて1年間その研究室に所属し、研究に集中します。物理学類には、理論系と実験系の研究室があるので、専門を決める際には、理論にするか、実験にするかを考える必要があります。1年間の研究を終えると、卒業論文を提出し、発表会に臨みます。