筑波 研究学園都市は、本学を含めた50を越える公的研究教育機関と民間研究教育機関を主体に成り立っています。周辺には豊かな自然が身近にあり、同時に平成17年夏に開業したつくばエクスプレスにより都心まで45分で結ばれており、勉学・研究・居住にバランスに富んだ環境の街となっています。筑波大学は258ヘクタールに及ぶ森林基調の自然に恵まれた広大なキャンパスを有しています。また学生寮が数多く配置され、新入生は優先的に入居できるよう配慮されています。